もしもの時のために…大地震後に役立つ、覚えておきたいツイート17選

さいたま県防災教育振興協会のメンバーがシェアしていたので載せておきます。

もしもの時のために…大地震後に役立つ、覚えておきたいツイート17選

http://spotlight-media.jp/article/269818766362621326#/

カテゴリー: 未分類 | コメントする

3/5,6コムナーレフェスティバルに参加します。防災クイズ

3月5日(土)6日(日)、浦和駅前で行われるコムナーレフェスティバルに「さいたま県防災教育振興協会」も参加します。

防災の豆知識をクイズ形式で出しますので、お時間ありましたら、ぜひ遊びに来てください。

といっても、お子さま向けですが(*^o^*)

日時:3月5日、6日

会場:コムナーレ9階

住所:さいたま市浦和区東高砂町11-1コムナーレ9階(浦和駅東口駅前、パルコ内)

3月5日(土曜日)
9:45 開会式
10:00~16:00 フェスティバル。防災ゲームの提供。
16:00~17:00 出展者交流会 (簡単な軽食、飲み物あり)
3月6日(日曜日)
10:00~16:00 フェスティバル。防災ゲームの提供。
16:00~     終わりの会。

【公式サイト】
第4回コムナーレフェスティバル「「未来のあなたに会いに…」」 | さいたま市市民活動サポートセンター
http://c.saitamacity-support.jp/gnks13/pub/sheet.php?id=126880

カテゴリー: 未分類 | コメントする

『女性のための護身術セミナー』を開催しました

バレンタインデーの2月14日は、さいたま県防災教育振興協会初の『女性のための護身術セミナー』をwith you さいたま第2セミナールームで開催しました。

後援していただいた埼玉県大宮東警察の副署長の方から実例をもとに対処法を教えていただきました。image

女性の皆さんに知ってもらいたい内容だったので、少しですが紹介します。

・身を守るためなら、相手を殺す気でやっつけて逃げる。

・暗くて静かで人気のないところが危険。

・大きな声や音で犯人は驚いて逃げることが多い。

・襲われたときのかわし方も素手でだったり
そばにある、ボールペンで刺したり、男性はベルトで鞭のようにしたり、椅子を持ち上げたりと、使えるものはなんでもつかい、隙をつくって逃げる。

等でした。

 

 

 

 

 

image

左 大宮警察署副署長

右 さいたま県防災教育振興協会理事(暴漢の役)

 

 

image

瞬殺。

素手の方法は意外と簡単でしたが、うまく説明出来ないので、お会いしたときに言ってくださればご伝授いたします。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

2/14(日)【第1回女性のための護身術セミナー】開催します

image

 

2016年2月14日(日) 10:15〜11:45(10:00受付開始)

With You さいたま 第2セミナールーム

お問合せ、お申込みはヒサノまで 電話048-687-9955

後援 埼玉県大宮東警察署

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

第1回護身術セミナーを2/14(日)開催します

さいたま県防災教育振興協会では防災は自然災害だけでなく、人災も含めて考えています。

そこで、女性のために第1回護身術セミナーを開催します。詳細が決まりましたらまた報告いたします。
開催責任者:理事 久野浩司
開催日時:2016年2月14日(日曜日)
時間:10時受付開始。セミナー10:15~11:45分まで。
対象:埼玉県内の女性(年齢問わず)。お嬢さんをもつお母さま。お子様関係のお仕事をされている責任者さま。
講師:大宮東警察署 副署長
定員:40名の募集。 スタッフは1名の講師と4名の防協スタッフ。合計45名。
会場:WITH YOUさいたま 第2セミナールーム。住所 さいたま市中央区新都心2-2

カテゴリー: 未分類 | コメントする

第4回理事会を開催しました【避難準備情報・避難勧告・避難指示】についてなど

本日、2015年11月29日の日曜日に第4回理事会を開きました。

理事会の後、防災教育振興研究所の仲西 宏之所長より話を聞きました。

印象に残った話をひとつ。

【避難準備情報・避難勧告・避難指示】
災害により被害が出るおそれがある地域の住民に市町村長が出す。住民に対して避難準備を呼び掛ける「避難準備情報」から、避難勧告よりも急を要する場合や人に被害が出る危険性が非常に高まった時に出す「避難指示」にかけて拘束力が強まる。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説
(2014-10-09 朝日新聞 朝刊 静岡全県・2地方)

避難勧告より避難指示のほうが拘束力が強い。避難指示とは避難命令と同様の意味だが、現在の日本には避難命令というものがない。

実際の避難勧告や避難指示を出すには、全避難所の鍵を開けてそこに避難できるようにする必要がある。災害が起きそうだ、実際に起きた時に混乱した状態の中で職員を派遣し、すべての避難所の鍵が開いたのを確認、報告を受けてからではないと原則として避難勧告も避難指示もできないということだそうです。

であるからして、現状では避難勧告や避難指示が出なくても自らの判断で避難する実際に行動を起こせるようにしておくことが大事だと感じました。

「率先避難者となれ」ということにもつながります。

それに加え、すべての避難所の鍵を開け、利用できるようにするのを人に頼らずに自動化する技術としてのIoTに関しての話もしていただきました。

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

常総市災害ボランティアセンターFacebook公式ページが出来ました。

Facebookに常総市災害ボランティアセンターの公式ページが出来ました。
https://www.facebook.com/josovcenter/

常総災害FM(89.2MHz)
の情報や常総市災害ボランティアセンターの臨時駐車場、水海道流通センターまでの地図なども見れます。

公式サイトや常総市公式Twitterのリンクも貼ってあり、いろいろな情報が入手出来ます。

よろしければ「いいね!」を押してご参加ください。

Facebookで常総市で検索しても出てきます。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

【鬼怒川決壊!等の東日本大水害】へのご寄付を、とうきょう防災教育振興協会を通しいただきました。

【鬼怒川決壊!等の東日本大水害】への皆様のご寄付を、とうきょう防災教育振興協会 を通し、支援に動く、さいたま県防災教育振興協会へ、お届け致しました。
https://www.facebook.com/kazuo.sato.5817/posts/740950542715123

とうきょう防災教育振興協会からも応援をいただいております。
さいたま県防災教育振興協会は今回、被災地支援活動に参加させていただきました。
詳細は後程。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

栃木県常総市鬼怒川の堤防決壊時の仲西会長からのメッセージ

布施です。

仲西会長からのメッセージをそのまま転送します。

さいたまとしても何か出来ればと思います。ご協力いただける人がいましたらよろしくお願いします。

下記になります。

本日、私達の仲間の栃木県常総市鬼怒川の堤防決壊により大変な被害が予想されます。
日没後は 人命救助作業もかなりの危険を伴うので日没までに救助を待っ方々全員が救われる事を祈っております。
水害現場では 復旧、復興に時間と人手が必要になります。
私達の防災教育振興としては 直接作業にあたるボランティアの募集もさる事ながら 昨年の広島市の土砂災害で 広島県防災教育振興協会で活動したボランティアの方々のサポート活動をしたしと思います。
随時、栃木県防災教育振興協会の植竹理事長から被災地での情報を入れて頂き私達が協力しサポートしたいと考えます。

今後、被災地からの要請があり次第みなさんにご案内いたします。
何卒、ご協力宜しくお願い申し上げます。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

理事会の様子

さいたま県防災教育振興協会
理事会の様子。さいたま新都心駅のそばの会議室にて。

カテゴリー: 未分類 | コメントする