【家庭の防災の日のすすめ】

LINEで送る
Bookmark this on FC2 Bookmark

私達、大阪府防災教育振興協会では「家庭の防災の日」の普及運動を進めてまいります。
毎月11日は「家庭の防災の日」として 家族で話し合いましょう。

地震は いつ起こるかわかりませんが、日ごろからの備えが いざという時に最も大切です。あなたがもし大地震に遭遇した場合でも 日頃からの備えがあれば被害を軽減できるはずです。
先ずは「自らの命は 自らで守る」という意識改革が重要です。

それには 家族で地震など防災に付いて話し合う機会を多く作る事が大切になります。
毎月11日は「家庭の防災の日」として個別に決め地震などの自然災害について話し合うキッカケにして下さい。

先ずは これをご覧になられた方は 各家庭内で次の様な事について話し合ってみて下さい。

① 日常通る道、例えば通学路など危険な箇所がないか又は地震の時に注意する場所などをチェックする。
「危険箇所」の予測訓練。

② もしも大地震発生した場合、時間帯別に家族はどの様な行動をとり何処で待ち合わせするかなどを確認する。
「避難場所確認」の実施。

③ 家庭内にある備蓄品を点検し食料品など賞味期限切れ前に家族で食べて 予めどの様な物であるか体験する。
「循環備蓄」の実施。

④ お住まいの地域の防災計画はどの様な計画であるかや自治会等の備蓄品は何処にどれだけ在るかを確認する。
「地域防災」の確認。

⑤ その他、非常時の家庭内の問題を見つけ その解決方法を話し合う。
「個別問題」の解決。

上記以外でも 地域、環境により様々な問題があると思いますが、家庭内での防災意識を強化する事により「災害時」あなたの家族の被害は軽減できるはずです。
繰り返し申し上げでますが 地震は 突然起こります。
先ずは日頃の意識の中で「自らの命は 自ら守る」という厳しい現実がある事を いつも心のどこかに留めて置く必要があると私達は考えます。

LINEで送る
Bookmark this on FC2 Bookmark

カテゴリー: お知らせ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>