15、個人のBCPを作ろう

LINEで送る
Bookmark this on FC2 Bookmark

企業での管理職経験や専門分野の方以外はBCPって何? と思われる方が殆どだと思います。近年企業では、大地震等の災害に備え、不測の時にでも出来る限り損害を最小限に抑え、少しでも早く通常業務の状態に復旧するために「BCP」を盛んに行っています。BCPとは「Business Continuity Plan」の略で、日本語では「事業継続計画」と訳されます。

このBCPの策定手順は中小企業庁のWEBサイトで公開されています。とても良く出来ています。せっかくなのでこれを個人にあてはめ”あなたの事業(生活)継続計画”を作ってみましょう。

【目的】
例)本計画は、緊急事態(地震の発生等)においても、自らおよび家族の安全を確保しながら我が家の安定的な運営を継続することを目的として策定したものである。

1、基本方針
自分の命を守る
家族の命を守る
例)その他、仕事に重要な○○を守る、近所のお年寄りを助ける、など

2、重要商品
例)写真(アルバム)、携帯電話、家具、自動車など

3、被害想定
地域によって、地震、津波、土砂災害などハザードマップを活用して調べてみましょう。

4、事前対策
タンスなどの大型家具の固定はできているか?
我が家の耐震強度を知っているか?
避難所の場所がわかるか
外出中に家が被災したらどこで落ち合うか
ガソリンは空ではないか?
携帯の予備バッテリーを持っているか?
備蓄品はどれくらいあるか?
遺言の作成など

5、緊急時の体制の整備
災害時の指示系統の確認
緊急時に使うお金や資源の管理者(パスワードや暗証番号など)
通勤通学手段の調整など

<参考>中小企業BCP策定運用指針
http://www.chusho.meti.go.jp/bcp/

LINEで送る
Bookmark this on FC2 Bookmark

カテゴリー: 防災情報 パーマリンク