11、安心・安全もおもてなし

LINEで送る
Bookmark this on FC2 Bookmark

日本に旅行に来る外国人の観光客が年々増えています。これは1000兆円を超える政府債務をかかえる日本にとって、観光収入が増える事は税収増加にもつながり非常にありがたい事です。多くの外国人観光客に日本の良い所を見て頂き、1度だけではなくリピーターとして何度も日本に遊びに来ていただく為には、より良いおもてなしを心がける必要があるでしょう。

我々日本人は2011年に東日本大震災で被災し、未曾有の原発事故を経験しました。その影響もあって2011年には前年度の3割も外国人観光客が減ってしまいました。しかし2012年、2013年と回復し、2014年には過去最高を更新しています。だからこそせっかく日本に来てくれた外国人観光客に不安を与えないように、安心して日本を楽しんでもらう為の出来る限りの努力をしないといけません。

最近は地球温暖化による気候変動の影響によって、都市部でもいつ河川が氾濫して洪水が起きてもおかしく無い状態になりました。2013年の8月には年間約800万人の観光客が訪れる京都嵐山で河川が氾濫しました。こういった災害が発生した時に地元の日本人を守る事は当然ながら、外国人観光客の安全も同時に守っていかなくてはいけません。例えば都市部や観光地でハザードマップや、テレビやラジオの警報等に外国語を併用するような工夫をすれば、外国人観光客の立場で考えれば、「日本の政府はしっかりと外国人観光客の安全も守ってくれている」というように、安心感をあたえる事ができるはずです。外国人観光客に次また来たいと思っていただけるように、また、国に帰ってから友人に「日本は災害が多い国かもしれないけれども、いざという時はちゃんと政府も日本人も助けてくれるから安心だよ」と言ってもらえるようにすれば、より多くの外国人観光客が日本に訪れてくれて日本の良さを世界にアピールする事ができるはずです。

食品において安心安全がおもてなしの必要条件であるのと同じように、海外旅行も安心安全が満足の大前提なのです。日本は豊かな自然によって魅力たっぷりの文化が育まれたからこそ、自然の営みによって時には被害をうけてしまう、そういう個性と魅力のある国だからこそ、安心安全に対する気配りを政府も個人もより多く心がけるべきでしょう。

<参考>訪日外国人旅行者、初の1000万人突破
http://www.nippon.com/ja/features/h00046/
<参考>桂川氾濫、渡月橋付近で浸水被害30軒超 京都・嵐山
http://www.asahi.com/national/update/0916/OSK201309160052.html

LINEで送る
Bookmark this on FC2 Bookmark

カテゴリー: 防災情報 パーマリンク